新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

ハンダ付ろう付特集

2019年4月6日号[No.207]

 

【最新自動ハンダ付装置特集】
人手不足の深刻化でハンダ付ロボットシステムの普及が加速!
高集積化への対応信頼性確保の点からも注目集める

 実装業界においても人手不足は年々深刻化しており、自動化・省人化、高速・高効率化への対応は不可欠となっている。
 実装ハンダ付における自動化の問題点としては、基板の微細化・複雑化・高密度化と高速化、そして高信頼性を同時に満たすことが非常に難しいということが挙げられる。
 例えば自動車業界においては、現状でも様々な電子機器・電子部品が使われているが、今後、安全運転支援システムの更なる普及や、自動運転の実現に向け、従来とは比較にならない程多くの電子部品が使われるようになることは間違いない。
 さらにこれらの部品の電子回路はより微細・複雑化し、自動車の安全性確保のためには、より高度かつ信頼性の高い実装技術が必要になってくるだろう。
 現在、実装業界で稼動している自動ハンダ付装置は、大きく分けてフローハンダ付装置、リフローハンダ付装置、ロボットハンダ付システムの3種類がある。(本文より)

 


・フルリニューアルハンダ付ロボットレーザハンダ付ユニット・ロボットハンダ付管理ソフト好評!/ジャパンユニックス
・性能と品質で評価して頂けるよう開発・製造・サポート力を一層強化する!/アポロ精工
・動作の改良を積み重ね最適なタイミング≠ナのロボットハンダ付を提案!/メイコー

 


 

バックナンバー購読を申し込む

   
▲ページトップへ