新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

検査&計測新報

2019年10月14日号〔No.477〕

 

【検査施工会社特集
―検査会社を取り巻く状況と今後の展望―】
原発9基再稼動も
政府のエネルギー計画実現に高い壁!
検査現場の人手不足に自動化・省力化技術が注目!

 

 現在、全国の検査施工会社は約464社(本紙2月11日号全国非破壊検査会社一覧参照)に上り、その検査施工会社全体の2018年度の売上規模は前年度比微増のおよそ2,030億円近くに達すると推定される。
 2011年の東日本大震災後、東京電力福島第一原子力発電所の事故の反省や国内外からの指摘を踏まえて再稼動を進めるにあたり、原子力規制委員会は新規制基準を設けた。この厳正な基準に達しない原発の多くは再稼動が見送られ、検査施工量は長きにわたって低迷してきた。'19年9月末現在、国内にある60基の原発のうち、再稼動に至ったのが9基(稼動中6基、停止中3基)、設置変更許可が6基、審査中が12基、未申請9基、建設から40年が経過し老朽化等を理由に廃炉が決定したのが24基に上る。
 再稼動した9基は西日本エリアに集中。いずれも事故を起こした福島第一原発(沸騰水型)とはタイプが異なる「加圧水型」設備となる。審査中の原発では原子炉設置変更許可や設備工事が進められている。

(本文より)

 


 

 

インタビュー
 非破壊検査を通じて、社会の安心・
 安全を確保するために尽力する!
 ―(一社)CIW検査業協会
  会 長 逸見 俊一氏に聞く

 

 

 

 

インタビュー
 「心と技術の一体化」「集団結束力」の発揮で
 現場の安全と品質を守る!
 ―非破壊検査
  代表取締役社長 山口 多賀幸氏に聞く

 

 

 

 

 

・最先端技術の開発と
 検査員の動員力強化に着手!
 ウィズソル

 

 

 

 

 

・掘削せずに路面境界部の
 腐食状態を検査可能!
 「NS+システム」
 検査技術研究所

 

 

 

 

 

・「第3回 関西火力発電EXPO」開催!
 検査の効率化・省力化に
 つながる製品多数出展

 

 

 

 

 

・東京営業本部を移転
 非破壊検査

 

 

 


 

【検査&計測関連 “特許出願公開速報”】
2019年2月21日〜9月5日(公開分)

 


 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(一社)CIW検査業協会
会 長 逸見 俊一氏
 
 
 
非破壊検査
代表取締役社長 山口 多賀幸氏
 
ワイヤレス対応配管連続板厚測定装置
「UDP―32」
(ウィズソル)
 
「NS+システム」による測定のもよう
(検査技術研究所)
 
ウィズソルのブースでは「ラインスキャナ」の
デモ機が置かれ、来場者から注目を集めていた
(関西火力発電EXPO)
 
 
(非破壊検査)
 
 
 
▲ページトップへ