新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

産業ガス新報

2018年4月22日号〔No.366〕

 

【溶接用混合ガス特集】
2018年度の
溶接用混合ガス需要は前年度比微増
2019年度も引き続き微増傾向で推移

 

 溶接用シールドガスとしては様々なガスが使われているが、日本ではCO2が最も多い。そのため、日本の溶接機メーカーではガスシールドアーク溶接機の開発は、CO2の使用を前提に進められてきた。しかし、CO2溶接はスパッタの発生量が多く、溶接ビードが凸型になる等の欠点がある。これを解消するために開発されたのが一般的にMAGと呼ばれるAr+CO2の溶接用混合ガスである。
 国内のガスメーカー各社はAr+CO2等の標準的な組成に加え、独自に研究・開発、またはユーザーとの共同研究・開発によりオリジナル組成の溶接用混合ガスを、独自ブランドでユーザーに供給している。
 供給形態としては、プレミックスガスとしてシリンダーに充填・出荷されるものの他、使用量が多いユーザーについては、現地混合で対応するのが一般的。
溶接用混合ガスの最大の需要先は全需要量の6割以上を占める自動車関連産業。その他、建機・産機・鉄骨業界でも使われている。
 溶接用混合ガスの市場動向についてだが、2018年度のシリンダー供給ベースの溶接用混合ガスの出荷量は、前年比1.2%増の850万m3であったと推定。

(本文より)

 



・用途別に豊富なラインアップ!
 溶接品質・生産性向上
 コストダウンを実現する
 「サンアーク」好評!
 大陽日酸

 

 

・「中央研究所」を有効に活用しながら
 現場目線でソリューションを提供!
 岩谷産業

 

 

 

 

・「エルナックス」「AWシールド」による
 溶接プロセスの技術提案を推進!
 エア・ウォーター

 

 

 

 

 

・溶接用混合ガスの提案を強化!
 「スーパーシールド」
 ラインアップ変更!
 小池酸素工業

 


 

 

 

 

【産業ガス関連・業界動向】

・北東北地区に
 シリンダー充填工場を建設へ!
 エア・ウォーター

 

 

 

 

 

・北関東物流センター建設へ!
 エア・ウォーター

 

 

 

 

・所有者不明容器の公表
 高圧ガス保安協会
 中央容器管理委員会

 

 

 



 

 

 

【メーカー別溶接用混合ガス一覧】
(順不同)

 

 

 


 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サンアークシリーズ
(大陽日酸)
 
 
アルゴンとハイアルメイトの溶接ビード外観
(岩谷産業)
 
 
 
エルナックス100%パルス溶接における
溶滴移行のもよう
(エア・ウォーター)
 
 
溶接用混合ガス
「スーパーシールド」
(小池酸素工業)
 
 
新充填工場のイメージ
(エア・ウォーター)
 
 
「北関東物流センター」イメージ図
(エア・ウォーター)
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ