新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

2019年3月4日号〔No.660〕


【海外製レーザ製品特集】
2018年暦年(1月〜12月)
レーザ加工機輸入実績判明!
輸入台数 3,026台
(前年比36.1%増)
輸入金額 172億9,068万円
(同3.2%増)


 公表されている財務省貿易統計を基に、2018年暦年(1〜12月)のレーザ加工機の輸入実績をまとめた(表参照)。
 今回「レーザ加工機」として算出した数値は、財務省の「実行関税率表」において、「レーザその他の光子ビームを利用して材料を取り除くことにより加工する機械」と分類されている項目のみを抽出したものだ。但し、この「実行関税率表」には、CO2レーザやファイバーレーザ、YAGレーザといったレーザ発振の種類別だけでなく、金属切断用、レーザマーキング、レーザプロッタなど加工内容別の分類もされていない。あくまで、「レーザ技術を用いた加工機全体の輸入量/金額」を示したデータである。
 それによると、'18年暦年のレーザ加工機の輸入実績総合計は、3,026台(前年比36.1%増)、172億9,068万円(同3.2%増)と台数・金額ともに前年を上回った。特に台数に関しては2桁%の大幅増となった。

(本文より)

 

 

 


 


・「フォトニクス・ウエスト2019」で
 豊富な最新ソリューションをPR!
 Coherent/コヒレント・ジャパン

 

 

 

 

・高安定性・信頼性を兼ね備えた
 高出力産業用UVピコ秒
 ハイブリッドファイバーレーザ
 「IceFyre355―30」発売!
 スペクトラ・フィジックス

 

 

 

 

・高出力6kW6CWファイバーレーザ
 発振器の販売を開始!
 パルスファイバーレーザも豊富にラインアップ
 カンタムエレクトロニクス

 

 

 

 

・小型・高精度
 CMOSビームプロファイラー好評!
 光貿易

 

 

 

 

 

・SYNRAD社RF励起
 CO2レーザ発振器販売好調
 ノヴァンタ・ジャパン

 

 

 

 

・JPT社製CW・MOPA
 ファイバーレーザ発振器受注好調!
 アストロン

 

 

 

・2019年6月期第2四半期決算
(連結ベース)
 売上高 490億83百万円(前期比6.2%増)
 経営利益 45億32百万円(同11.2%増)
 澁谷工業




バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「SPIEフォトニクス・ウエスト2019」出展ブース
(Coherent/コヒレント・ジャパン)
 
 
 
産業用UVピコ秒ハイブリッドファイバーレーザ
「IceFyre355―30」
(スペクトラ・フィジックス)
 
Raycus社製CWファイバーレーザ発振器
(カンタムエレクトロニクス)
 
 
集光点ビームプロファイラー「FBP―2KF」
(光貿易)
 
 
PulstarシリーズP250、P400
(ノヴァンタ・ジャパン)
 
 
MOPAファイバーレーザ発振器「M7型」
(アストロン)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ