新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

2019年1月28日号〔No.657〕


【2019年 レーザ加工機市場予測】
2019年のレーザ加工機市場は
不確実性高まる海外市場を注視しつつ
好調な国内市場の需要増に期待!


  「レーザ加工機」の主要な受注統計として、(一社)日本鍛圧機械工業会による「会員受注統計」の中の「板金系機械」が広く知られている。
全13種の加工機で構成される「板金系機械」の「レーザ加工機」について、同工業会は「レーザ光線を熱エネルギーに変換して切断する機械」と定義し、「板金機械の中心機械となってきている」としている。
 そこで、同工業会による'19年暦年の受注予想を見ると、「国内は、社会インフラ及びオリンピック関連による内需は底堅い。海外は欧米、インドが堅調で、インドネシア、ベトナム、ブラジルに期待」との理由から、(前年比2桁%増を見込む'18年実績の反動もあり)前年比5%減の1,150億円と予想している。

(本文より)

 

 

 


 


インタビュー
 レーザ発振器+ビームステアリング
 技術による最適なソリューションを提供
 ―Novanta Photonics SYNRAD社
  President&General Manager
 Charlie・Webster氏に聞く

 

 

 

レーザ加工 現場ルポシリーズ
 「今、現場で何が起こっているか!」
 VOL.19 No.204

 技術力に一層磨きをかけ
 板金業界の駆込み寺的存在に!
 執行工業

 

 

 

・「フォトニクス2018」開催!
 金属積層造形/異種材料の接合/
 青色レーザ≠ノ注目集まる!

 

 

 

 

・平成30年度助成式典挙行!
 本年度助成は98件、2億6,145万円
 累計助成総額26億円超える
 天田財団

 

 

 

・新年賀詞交歓会に
 関係者282名が参加!
 7月には「MF―Tokyo」を開催!
 日本鍛圧機械工業会

 

 




バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SYNRAD社President&General Manager
Charlie・Webster氏奄ニ
カンタムエレクトロニクス・久保至社長
 
工場のもよう
執行工業
 
会場のもよう
(フォトニクス2018)
 
 
挨拶する
(公財)天田財団
岡本満夫代表理事
 
 
挨拶する、(一社)日本
鍛圧機械工業会
宗田世一代表理事会長
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ