新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

溶接新報

     

2015年2月16日号〔No.1373〕/
今号16ページ

【大手経営幹部による今年の
予測と方針!】

2015年の高圧ガス・溶材業界
需要回復を期待する声が多数!
―テーマは、海外展開、安定供給、人材不足への対応など―


 2014年を振り返ると、アベノミクスによる景気回復、円安による輸出環境の好転等、さらに復興事業や東京オリンピック効果などを背景に、大手企業を中心に業績の回復が見られ、設備投資も活発に推移した一方、中小企業は回復感に乏しく、好調な企業とそうでない企業との2極化が進展した感があった。
 国内の主要産業を見ると、鉄鋼や化学など素材産業は好調に推移、造船は円安により受注が大幅に回復、建築関連は、仕事量は豊富にあるものの人手不足で工期が遅れ気味、自動車は後半に生産台数が落ちたものの概ね堅調、半導体・エレクトロニクス産業は若干の回復基調と、産業界全体として活況を呈すとまでは言えないものの、若干ながら右肩上がりで推移したと言え、高圧ガス、溶接材料、溶接機器の出荷量も前年を若干上回ったようだ。
 

(本文より)

 

◎'15年の国内経済動向 海外情勢予測
◎高圧ガス・溶材業界見通し
◎'15年の課題


 



【溶接材料2014年(1月〜12月)
国別輸入実績】


・総輸入量 6万7978.50(前年比10.3%増)
 総輸入金額 112億5千万円(同11.3%増)
 造船、建設機械、鉄骨建築などの分野で
 軒並み需要量が増加

 ◎品種別輸入実績
 ◎国別輸入実績


・事務所移転
 JIMGA 東海地域本部




・東日本地区 ディーネット新年会
 盛大に開催!
 関東ジャパン・エア・ガシズ ディーネット




・「2015ジャンプアップフェア
 3月6日(金)・7日(土)に
  大阪・花博記念公園で開催!
 近畿春夏冬会ら主催店60社
 出展メーカー80社が参加




 

・「2015 大阪こいけ市」開催
 各種切断機の実演に注目集まる!
 小池酸素工業




 

・関連子会社が「大阪ものづくり優良企業賞
 2014」受賞!
 日本スペリア社





 

【大阪府特集】


・鉄骨建築・橋梁など
 仕事量回復も施工単価改善に課題
 補助金活用し設備投資する動き顕著に!

 ◎産業ガス
 ◎溶接材料
 ◎アーク溶接機/ロボット



組合
 「違法ヤード」問題など
 喫緊の課題に取り組む!
 ―大阪高圧ガス熔材協同組合
   理事長 吉田 充孝氏
  (マツモト産業梶E代表取締役社長)





【高圧ガス・溶接産業界
メーカーディーラーが語る現状と今後】



〜メーカー編〜

・近畿エア・ウォーター
・岩谷産業
・大陽日酸梶@関西支社
・日本エア・リキード
・叶_戸製鋼所 溶接事業部門
・日鐵住金溶接工業
・鰍iKW
・ニツコー熔材工業
・ダイヘン溶接メカトロシステム
・パナソニック溶接システム
・小池酸素工業梶@大阪支店




〜ディーラー編〜
・マツモト産業
・IGN近畿
・大陽日酸ガス&ウェルディング
・日本通酸
・活ョウエルデックス
・野口商事
・活ョ東熔材商会








 

 


 

バックナンバー購読を申し込む

 
今年も全国各地で高圧ガス溶材業界関連の
賀詞交歓会が多数開催された
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
表.2014年暦年(1月〜12月)溶接棒・ワイヤ、国別輸入量・輸入金額実績
 
 
 
 
 
 
 
挨拶する関西エア・リキード・ジャパン ディーネット
河西哲生 会長
 

 

挨拶する
大阪IK会大阪支部
藤原好夫支部長
 
「大阪ものづくり優良企業賞2014」の表彰状
 
 
 
 
 
 
 
 
 
表.大阪府高圧ガス・溶材機材、商品別月間平均需要量
 
 
大阪高圧ガス熔材協同組合 吉田 充孝氏 理事長
 
 
 
 
 
近畿エア・ウォーター
田中 豪 代表取締役社長
岩谷産業
橋本 信一 近畿支社 大阪支店長
 
大陽日酸梶@関西支社
宮田 達男 ガス営業部長
ニツコー熔材工業
奥野 義人 大阪営業部 次長
 
マツモト産業
吉田 正彦 取締役 関西支店長
IGN近畿
森数 政志 代表取締役社長
 
大陽日酸ガス&ウェルディング
河崎 敏也 執行役員 関西支社営業部部長 兼 堺支店長
日本通酸
吉澤 雅一 代表取締役社長
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ