新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

溶接新報

2013年7月22日号〔No.1297〕/
今号28ページ

町工場の群像ルポ2013
アベノミクスと中小企業【関東編】
独自な技術と設備が高収益を支える!
筋肉質な経営体質づくりを!

 昨年末に安倍政権が発足して以来、景況回復への期待感から現在も円安株高傾向が続いている。そこで、新政権発足から半年が経過した6月末現在、果たしてアベノミクスが実体経済に対して、どのような影響を与えているのか。本紙は製造業の末端に位置する中小零細企業を取材することで、アベノミクスと実体経済の関係について読み解く手がかりを探った。(本文より)

 ◎唯一の技術で対昨年比売上げ増のフル操業!
  勝和工業

 ◎電子ビーム溶接でノーベル物理学賞や
  がん治療に貢献
  太陽イービーテック

 ◎分業体制と会社機能の集中で、
  業務の効率化を推進!
  石山ネジ

 



・平成25年度定期社員総会・懇親会開催!
 日本鋼構造協会

・新役員決定
 ◎省エネ型酸素燃焼式
  高濃度ガス変成炉の販売を開始
 大陽日酸

・溶着機技術セミナーを開催!
 日本エマソン

・「名古屋ウエルディングフェスタ
 (NWF)2013」
 主催店説明会及び決起大会開く!
 10月5日(土)・6日(日)の本開催に加え
 4日(月)午後から内覧会を実施!

イノベーション “溶接経営”No.23
 〜これからの企業経営にどう臨むか!〜

 ユーザーからの信頼の獲得を第一に
 堅実な経営を目指す!
 (株)冨士山代表取締役社長 大宮 冨士雄氏


・故・秦 圭司氏(岩谷瓦斯(株)常務取締役)
 告別式しめやかに
 岩谷産業・岩谷瓦斯関係者多数参列



第18回北京・エッセン溶接&切断展覧会
出展メーカーの動向と方針一挙紹介
【順不同】

・日系メーカー編

 ◎神戸製鋼所

 ◎パナソニック溶接システム

 ◎ダイヘン

 ◎小池酸素工業

 ◎日鐵住金溶接工業

 ◎日酸TANAKA

 ◎トーキン

 ◎安川電機/ファナック/
  ナ・デックス/マツモト機械

・唐山松下が懇親会を開催!
 新製品・新工程を積極的に提案!
 
・第18回北京・エッセンフェア
 会場インタビュー
 世界メジャー企業の現状と今後の方針
 [敬称略]

◎2年連続で最高売上高を更新!
 「グローバルビジョン2020」を推進!
 リンカーン・エレクトリック社社長兼CEO
 クリストファー・L・メイプス

◎200名にインタビュー!
 中国市場のニーズを探求!
 エサブ上海マーケティングディレクター
 サラ・ロビンソン

◎来年、北京周辺に新拠点を開設!
 クルース北京総経理
 リュ・ジンホア
 クルースドイツ本社
 セールス&マーケティングディレクター
 マイケル・シュミッド

◎9月のドイツエッセンでCMT新製品を発表!
 フローニアス上海総経理
 ナット・ウィンバーガー
 COWIN地域マネージャー
 ヤン・シューロン

◎各種パッケージ製品が好調!
 アジア拠点をさらに拡充!
 ケンピ北京総経理
 フランク・ジェン




 


バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
「大田の工匠」に選ばれた勝和工業・古沢勝男社長
現在も毎月100枚の図面を抱えている
 
 
(株)太陽イービーテック・衛藤稔社長
後ろが電子ビーム溶接機。直近ではがん治療
装置向けの真空チャンバーを製作している
 
 
 
懇親会で挨拶する
(一社)日本鋼構造協会・
高梨晃一会長
省エネ型酸素燃焼式
高濃度ガス変成炉の外観
(大陽日酸)
名古屋ウエルディングフェスタ2013
主催店説明会の冒頭挨拶する
マツモト産業(株)・
田所道義取締役中部支店長
(株)冨士山・大宮冨士雄代表取締役社長
 
上海神鋼溶接機材・
木全(きまた)圭一総経理
(神戸製鋼所)
唐山松下産業机器・
浜本康司董事兼総経理
(パナソニック溶接システム)
OTC机電(上海)・
東野明俊総経理
(ダイヘン)
小池酸素(唐山)・
小池正孝総経理
(小池酸素工業)
日鐵住金溶接工業・
星野忠プラズマ事業部
事業部長
上海田中机械・
丸山晴敏総経理
(日酸TANAKA)
 
 
 
 
リンカーン・エレクトリック社 社長兼CEO
クリストファー・L・メイプス
エサブ上海
マーケティングディレクター
サラ・ロビンソン
(右)クルース北京 総経理 リュ・ジンホア
(左)クルースドイツ本社 セールス&マーケティング
ディレクター マイケル・シュミッド
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ