新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

溶接新報

2010年1月25日号〔No.1130〕/今号12ページ

2010年2月〜2011年2月
世界の溶接・切断関連展示会まとめ
世界各国で11専門展が開催予定!
〜『北京エッセン溶接・切断展覧会』は
            5月に開催!〜


 表は、2010年2月〜2011年2月にかけて、世界各地で開催される溶接・切断関連の主な国際展示会を一覧にしたものである。溶接・切断専門の展示会(◎印)が11展、溶接・切断加工、産業ガス、ハンダ等に関連する主な展示会が37展の合計48展の開催が予定されている。
 今年は2年に1度開催される国内最大の溶接・切断展示会「ジャパンインターナショナルウェルディングショー」が4月に東京・ビッグサイトで催される。その他、アジアを中心に新興国にて、溶接・切断専門展示会の開催が予定されている。
 以下、「アジア」、「欧州・ロシア」、「北米・中南米」の各地域に分けて、これら展示会の開催状況等を紹介する。(本文より)


2010年新年への決意新たに
全国各地で新年会開催 その2(順不同)

・マルヰ会イワタニ会
  関東地区
  近畿地区
・東京同鋼会
・大阪溶朋会
・滋賀県高圧ガス溶材組合


【業界動向】

・180社出席し、
 平成21年度『年末臨時総会』開く!
 大阪府高圧ガス安全協会


【鉄骨建築特集】

厳しさ増す鉄骨ファブ業界
2010年(暦年)鉄骨需要量は
下期回復期待し約500万トンを予測!

 建築物の着工が低迷を続けており、今年も厳しい状況は免れないとする声が多くなってきた。これにより鉄骨ファブの経営も全国的に厳しさが増し、今後どのようにして生き残っていくかが大きな課題になっている。
 国土交通省統計によると、鉄骨系建築物面積(S造+SRC造)は、'09年1月〜11月まですべて前年同月比減という状況。これの鉄骨需要換算では月間40万トンを超えたのが1月だけで、12月を平均値の34万5千トンと仮定すれば、'09年(暦年)の鉄骨需要量は約410万トンであったと推定され、この低い数字は'67年(昭和42年)の水準値。'09年始めに予想された「500万トン割れかも?」をはるかに下回る結果となった。(本文より)

・塔体の鉄骨工事が折り返しに入った東京スカイツリー
 ―現場溶接に川哲工業も参画!
       溶接工程の進捗状況を聞く―

溶接・切断 現場ルポシリーズ
 『今、現場で何が起こっているか!』Vol.10 No.172

 6台の鉄骨溶接ロボットがフル稼動!
 ―コラム&H柱を主体に月間加工量は約1,500トン―
 北村鉄工(株)

・『FAMILIARC MG―56R』
 『鉄骨天吊反転仕口溶接システム
         “ワンセットフル”』など
 溶接の更なるトータルコストダウン目指し
 拡販活動を更にていねいに推進!
 神戸製鋼所溶接カンパニー

・新・シームレスFCWやロボット溶接用ワイヤ等
 高能率・高品質溶接を実現する製品を提案
 日鐵住金溶接工業

・“技術営業”の更なる向上により
 JKWブランド製品の浸透を!
 JKW

・『500GR3』が着実に普及!
 省エネなどの「環境対応」面もアピール!
 パナソニック溶接システム

・ステンレス鋼・鉄両用砥石
 『グリーンエースゴールド』
 ラインアップ充実で鉄骨ファブに好評!
 日本レヂボン

 

 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
今号のフォト・データ
世界の溶接・切断関連展示会開催一覧表
 
 
乾杯のもよう
(マルヰ会イワタニ会 関東地区)
マルヰ会近畿ブロック3地区会・
近畿地区イワタニ会合同の
『平成22年新年賀詞交歓会』のもよう
 
積層工法で鉄骨が積み上げられいく
東京スカイツリー
平成12年に導入した柱大組立“2アーク”
溶接システムも1日20時間以上稼動中
(北村鉄工)
鉄骨天吊反転仕口溶接システム
『ワンセットフル』
(神戸製鋼所溶接カンパニー)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ