新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

2018年4月9日号〔No.637〕



【レーザ溶接特集】
精密板金の加工現場で
ハンドトーチ式レーザ溶接機の普及進む!


 精密板金の溶接現場において、TIG/アルゴン溶接の熟練技能者の減少や人手不足などの問題がますます深刻化する中、@初心者にもやさしい操作性Aタクトタイム削減B高品質化―という3つのニーズを実現する、ハンドトーチ式パルス固体レーザ溶接への注目度が高まっている。
その歴史は古く、1993年に同溶接機のパイオニアである日本ウエルディングが、YAGレーザ仕様の「ウエルペンレーザ」初号機を発売している。
 ハンドトーチ式パルス固体レーザ溶接機の適用分野は、ステンレスの薄板(板厚0.8〜2.5o程度)が中心で、出力は500W前後が多い。平均出力は500W前後ながら、ピークパワーは3〜5?と高く、熱影響の少ない高品位な溶接が可能。
 TIG/アルゴン溶接の課題である「熱歪みの矯正」「溶接後の研磨」などの後処理≠ノ要する時間(=タクトタイム)を大幅に削減しつつ、溶接品質を大幅に向上している点などが高く評価されており、後処理不要の美しいビード形状は、特に、意匠関係など外観の美しさが要求される分野での採用が多い。
 (本文より)

 

 

 


 

インタビュー
 高度な溶接のニーズに応える
 レーザソリューション
 注目のビームモード可変技術「ARM」
 ―コヒレント・ジャパン
  マーケットディベロプメントマネージャー
  水谷 重人氏に聞く

 

 

 

 

 


・溶接に最適!
 高出力シングルモード
 ファイバーレーザ発振器!
 人協調型ロボットと組み合わせた
 自動溶接システムも提供
 カンタムエレクトロニクス

 

 

 


・国際ウエルディングショー≠ナ
 最新のDDL溶接ソリューションを提案!
 レーザーライン

 

 


 


【レーザEXPO2018特集】
4月25日〜27日
パシフィコ横浜で開催!


【出店各社の見どころと出店製品紹介】
・スペクトラフィジックス
・昭和オプトロニクス
・カンタムエレクトロニクス
・オプトマックス
・ティー・イー・エム
・アストロン
・オプトサイエンス
・プロリンクス
・スキャンソル
・光貿易
・フォトテクニカ

 

【レーザ業界ニュース】
インタビュー
 成長分野において
 スキャナ+レーザ発振器等
 サブシステム供給ビジネスの拡大に取り組む
 ―Novanta PHOTONICS Group
  President Phil・Martin氏に聞く

 

 

新井武二氏の最新刊
 「レーザー微細加工―基礎現象と
  産業応用」刊行!

 

 

・平成30年6月期第2四半期連結決算
 売 上 高 462億3百万円
  (前年同期比15.7%増)
 経常利益 40億77百万円(同23.6%増)
 澁谷工業

 

 

・4月19日〜20日
 県立広島産業会館で内覧会開催!
 新製品を多数出展!
 グラボテック

 

 

 




バックナンバー購読を申し込む

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

厚木のラボの設置されている
ファイバーレーザ
HighLight FL ARMデモ機
(コヒレント・ジャパン)

Raycus社製CWファイバーレーザ発振器
(カンタムエレクトロニクス)

 
 
 
コンパクト高出力半導体レーザ「LDM6000―100」
(出力6kW、ビーム品質100mm mrad)
(レーザーライン)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(スペクトラフィジックス) (昭和オプトロニクス)
 
(カンタムエレクトロニクス) (オプトマックス)
 
 
Novanta PHOTONICS Group
  President Phil・Martin氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ