新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

2018年3月5日号〔No.635〕



【海外製レーザ製品特集】
2017年暦年(1月〜12月)
レーザ加工機輸入実績判明!
輸入台数 2,223台
(前年比12.2%減)
輸入金額 167億4,827万円
(同12.1%減)


 公表されている財務省貿易統計を基に、2017年暦年(1〜12月)のレーザ加工機の輸入実績をまとめた(表参照)。
 今回「レーザ加工機」として算出した数値は、財務省の「実行関税率表」において、「レーザその他の光子ビームを使用して材料を取り除くことにより加工する機械」と分類されている項目のみを抽出したものだ。ただし、この「実行関税率表」には、CO2レーザやファイバーレーザ、YAGレーザといったレーザ発振の種類別だけでなく、金属切断用、レーザマーキング、レーザプロッタなど加工内容別の分類もされていない。あくまで、「レーザ技術を用いた加工機全体の輸入量/金額」というデータである。
 それによると、'17年暦年のレーザ加工機の輸入実績総合計は、2,223台(前年比12.2%減)、167億4,872万円(同12.1%減)と台数・金額ともに前年を下回った。

(本文より)

 

 

 


 

・「フォトニクス・ウエスト2018」で
 豊富な新製品を出品!
 コヒレント・ジャパン

 

 

 


・Talonシリーズ最高出力モデル
 UV出力45W「Talon 335―45」
 スペクトラ・フィジックス

 

 

 

 


・短波長・短パルスレーザ・ファイバー
 レーザ等幅広いラインアップ!
 ロボットとレーザの組み合わせによる
 システム化にも注力!
 カンタムエレクトロニクス

 

 


・最大入射パワー1kW
 新型集光点ビーム
 プロファイラー好評!
 光貿易

 

 

 

 

・JPTオプトエレクトロニクス社製
 「M7型MOPAファイバー
 レーザ発振器」販売開始
 アストロン

 

 

 


・「レーザリフトオフ装置」の
 販売に注力!
 オプトピア

 

 

 

 

・「テクニフォー」ブランド工業用
 レーザマーカ全4シリーズ紹介!
 Fシリーズに「Energy」
 タイプがラインアップ!
 グラボテック

 

 

 


【レーザ業界ニュース】
・「ファイバーレーザ技術
 〜光源・計測・加工〜」テーマに
 第180回研究会を開催
 レーザ協会

 

 

 


平成29年度光産業技術
 シンポジウム
開催!
 第33回光産業技術振興協会
 櫻井健二郎氏記念賞表彰式も挙行

 

 




バックナンバー購読を申し込む

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小型パルスファイバーレーザ「DIAMOND FLQ」
(コヒレント・ジャパン)

「Talon 355―45」
(スペクトラ・フィジックス)

 
 
 
Huaray社製産業用グリーンピコ秒レーザ
(カンタムエレクトロニクス)
 
集光点ビームプロファイラー「FBP―2KF」
(光貿易)
 
 
 
左手前がM7型、右奥がM6型
(アストロン)
 
 
レーザリフトオフ装置配置例
(オプトピア)
 
レーザマーカ「Hシリーズ」(ワークステーションタイプ)
(グラボテック)
 
 
レーザ協会研究会のもよう
(レーザ協会)
 
 
光産業技術シンポジウムのもよう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ