新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

2018年1月22日号〔No.632〕



【2018年 レーザ加工機市場予測】
2018年レーザ加工機市場は
好調な海外案件が牽引!

 

 「レーザ加工機」のオフィシャルな受注統計としては、(一社)日本鍛圧機械工業会による「会員受注統計」の中の「板金系機械」が広く知られている。
全13種の加工機で構成される「板金系機械」の「レーザ加工機」について、同工業会は「レーザ光線を熱エネルギーに変換して切断する機械」と定義し、「板金機械の中心機械となってきている」としている。
そこで、同工業会による'18年暦年の受注予想を見ると、「国内は社会インフラ及びオリンピック関連による内需は底堅いと思われる」との理由から、前年比4.8%増の1,100億円となっている。
 次に、対象を「板金機械」のみならず「レーザ加工機器」に拡大すると、当社が毎年秋に刊行しているマーケティング情報誌「ジャパン・レーザ・ワールド&トレンド'17/'18」版では、板金機械に該当する、@「鋼板用レーザ加工機及びその他のCO2レーザ加工機器」とA「固体レーザ加工機器」Bエキシマレーザ加工機器を合わせた'17年暦年の総出荷金額について、'17年暦年の実績を3,480億円(前年比5.5%増)、出荷台数を同5.7%増と予測している(※輸出を含む国内メーカー販売金額+海外製品の日本国内販売金額)。

(本文より)

 

◎鋼板切断用レーザ加工機器
 CO2レーザマーカ・プロッタ
◎固体レーザ加工機器
◎エキシマレーザ加工機器

 


 

 

・「インターネプコン」で
 スケールアップした
 レーザ加工ソリューションをPR!
 コヒレント・ジャパン

 

 

 

 

インタビュー
 最適なレーザ加工システムの提供≠通じて
 お客様の生産性最大化≠ノ貢献!
 ―ジェネシス・システムズ・
 グループ・ジャパン
  社長瀬古 忠二氏に聞く

 

 

 

インタビュー
 顧客からのあらゆる要望に応える
 金属加工のコンビニエンスストアを目指す
 ―潟Cンスメタル
  社長福井 英人氏に聞く

 

 

 

・「三菱電機メカトロニクスフェア
 2017in東日本
」盛況!
 ユーザー内覧会も開催

 

 

 

・「三菱電機メカトロニクスフェア
 2017in北陸
」を開催!
 レーザ技術セミナー及び
  三菱電機ファイバーレーザ加工機
 ユーザー内覧会を実施

 

 

・高品質・高耐久キロワット級
 ダイオードレーザを提供!
 イエナオプティックジャパン

 

 

 


 

 


【レーザ関連特許出願公開速報=z

 

 




バックナンバー購読を申し込む

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「ARM」搭載、高出力ファイバーレーザ
「HighLight FLシリーズ」(出力最大10kW)

本社工場では、3台目となるテスト機の
整備を進めている

 
 
 
インスメタル
社長福井 英人氏
 
「三菱電機メカトロニクスフェア2017in東日本」のもよう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダイオードレーザモジュール
(イエナオプティックジャパン)
 
 
 
 
▲ページトップへ