新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

レーザ新報

2014年8月4日号〔No.553〕

【レーザ切断加工特集
 〜CO・ファイバーレーザによる
 板金加工、ガラス・樹脂加工〜】
'13年度のガスフロータイプ
COレーザ加工機市場は
前年度比2割増!
'14年度も回復傾向が続く見通し!


◎レーザ切断加工機市場の動向
 日本の板金切断市場において使われるレーザ加工機は、長い間CO2レーザ加工機が主流であったが、3〜4年前から切断用ファイバーレーザ加工機が市場に投入され始め、2013年度にその出荷台数は急激に伸張した。
 '13年度の切断用レーザ加工機市場は、アベノミクス効果による国内景気の回復、円安による輸出産業の回復効果で好調に推移した。需要業種別では、自動車業界が年間を通じて堅調を維持、また建築や住宅関連も好調で、自動車板金や建材加工関連向けに、切断用レーザ加工機の出荷が好調に推移した。



◎封じ切りタイプCO2レーザ加工機市場の動向
 樹脂やアクリルの切断に適用されるプロッタを中心とする封じ切りCO2レーザ加工機の'13年度市場については、'12年度比ほぼ横ばいの570台であった。国内で販売されるCO2レーザプロッタは9割以上が海外製なので、円安の恩恵はほぼなく、逆に販売価格を上げざるを得なかったメーカーも多く、プロッタ市場にとって円安はマイナス要因となった。


(本文より)

 


・新製品2次元ファイバーレーザ加工機
 「ML3015NX―F40」
 COレーザ加工機
 「4020RXシリーズ」引合い好調!
  三菱電機

 

・CW・パルス、低出力〜高出力までカバーする
 COレーザ発振器ラインアップが好評!
  カンタムエレクトロニクス

 

・第3回「KFLシリーズ」ユーザー現場見学会及び
 コマツNTC工場見学会に40社80名が参加!
  コマツ産機

 

・世界シェアトップの
 CAD/CAMソフトウェア
 「シグマネスト」
 最新版バージョン10をリリース!
  シグマテックジャパン

 

インタビュー
 CO、ファイバー共に
 ユーザーニーズを満たす
 製品ラインアップ強化に取り組む!
  ―日酸TANAKA(株)
  執行役員営業本部FA事業部長
  佐藤 善郎氏に聞く―

 ◎発振器搭載型COレーザ切断機
  「LMRVシリーズ」
  ガントリー型ファイバーレーザ切断機
  「FMRシリーズ」など
  充実のラインアップ!

 

 

 

 

 



バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4kWファイバーレーザ発振器搭載
「ML3015NX―F40」
(三菱電機)

パルスCOレーザ発振器「Pシリーズ」
(カンタムエレクトロニクス)
 

(株)熊野製作所で開催された
第3回「KFLシリーズ」
ユーザー見学会のもよう
(コマツ産機)
 
最新版「バージョン10」を発売
(シグマテックジャパン)

日酸TANAKA
執行役員営業本部FA事業部長
佐藤 善郎氏
LMRV―TF6000
(日酸TANAKA)
 
 
 
 
▲ページトップへ