新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

レーザ新報

2013年9月9日号〔No.532〕

【太陽電池特集】
パネルメーカーの競争激化が
レーザ応用装置市場にも影響及ぼす 


 
太陽電池は、結晶型(単結晶シリコン、多結晶シリコン)と薄膜型(薄膜シリコン、化合物系)等の種類があり、このうちレーザ加工技術の適用が多いのは薄膜シリコンタイプ。その製造プロセスでは、レーザによるスクライブとエッジディレーションが量産ラインで適用されている。また、主流である結晶型太陽電池でもレーザ応用装置の適用が見られる。
 日本における太陽電池自体の出荷量は、表(〈一社〉太陽光発電協会調べ)に見られるように、2002年度から'12年度まで増加し続けている。特に、昨年7月に再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)が導入された影響から、'12年度の国内向け出荷量は前期から約2・7倍の約380万kWまで拡大し、'13年度は更に増加することが確実視されている。(本文より)
 



・太陽電池製造工程に適する
微細加工用固体レーザ発振器を
 豊富にラインアップ!
 スペクトラ・フィジックス

・太陽電池微細加工向けに
グリーン・UV・ピコ秒
 レーザ発振器をラインアップ!
 日本レーザー

・太陽電池部品の微細加工向けに
 各種極短パルスレーザ発振器好評!
 カンタムエレクトロニクス

・高機能な光学製品群の拡充を推進
 光学システムやユニット製品を拡販
 住友電気工業

・太陽電池薄膜スクライブに最適!
 高出力シングルモード
 グリーンレーザ発振器
 「KLY―QGS15α」
 片岡製作所

レーザ業界ニュース

・レーザ協会が10月11日(金)
「地方講演会in札幌」を開催

・新レーザ商品内覧会を開催
 業界初のWヘッドレーザ&切削加工機
 「ML―1000」をPR!
 レザック

・平成25年6月期決算
 メカトロシステム事業は
 162億16百万円(前年度比22.5%増)
 澁谷工業


バックナンバー購読を申し込む

 
表.日本における太陽電池出荷量の推移
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フェムト秒レーザ発振器「Spirit」
(スペクトラ・フィジックス)

 

ハイパワーUV YAGレーザ発振器
「LDP―200MQU―HP」
(日本レーザー)

 
分岐DOE
(住友電気工業)
 
開発した高出力シングルモード
グリーンレーザ発振器
(片岡製作所)
 
Wヘッドレーザ&切削加工機
「ML―1000」
(レザック)
 
 
 
▲ページトップへ