新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

レーザ新報

2012年9月3日号〔No.509〕

【太陽電池特集】
太陽電池出荷量は増加も
レーザ応用装置は厳しい市況に

 太陽電池は、結晶型(単結晶シリコン、多結晶シリコン)と薄膜型(薄膜シリコン、化合物系)等の種類があり、このうちレーザ加工技術の適用が多いのは薄膜シリコンタイプ。その製造プロセスでは、レーザによるスクライブとエッジディレーションが量産ラインで適用されている。また、主流である結晶型太陽電池でもレーザ応用装置の適用が見られる。
 太陽電池自体の出荷量は、2001年度〜'11年度の間、増加の一途を辿ってきた。この間、kW換算での総出荷量は14倍以上に、国内向け出荷は11倍以上、輸出は約20倍になった。レーザ応用装置市場への影響が大きい薄膜シリコンタイプも、太陽電池全体に占める出荷量の割合は低いものの、'01年度以降、出荷量が大きく伸びている。
 このような状況を踏まえ、太陽電池製造プロセスに適用されているレーザ加工技術やレーザ応用製品の市場規模等について述べる。(本文より)


・― 薄膜系スクライビングや
   結晶系レーザドーピング等 ―
 太陽電池製造プロセスに適する発振器を
 多数ラインアップ!
 スペクトラ・フィジックス

・受注増大!
 グリーンレーザ、
 フェムト秒・ピコ秒レーザ装置
 光学機器から周辺機器まで
 幅広い対応!
 日本レーザー

・高機能な光学製品群を豊富に品揃え
 高出力ファイバレーザ向け製品を強化!
 住友電気工業

・高出力シングルモード
 グリーンレーザ発振器
 「KLY―QGS15α」出荷好調!
 薄膜スクライブ、セラミックや
 シリコン向け微細加工ニーズに対応!
 片岡製作所

・薄膜微細加工に適した
 ピコ秒レーザ発振器
 フォトニクスインダストリーズ社製
 「RG―Hモデル」
 レイチャーシステムズ

・創業60周年迎え
 新しい可能性を追求!
 大興製作所

インタビュー
 新規有望市場に対し
 加工用ヘッド/モニタリング装置の
 付加価値をアピールする
 ―プレシテック・ジャパン(株)
  レーザ機器部部長  中桐 光晴氏に聞く―


バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
日本における太陽電池出荷量の推移
 
 
 
 
 
電源一体型高出力CWグリーンレーザ発振器
「Millennia eV」(スペクトラ・フィジックス)
(上)Lee Laser社製グリーンレーザ発振器
300W高出力の「LDP300MQG―HP―DUAL」
(下)タイムバンドウィズス社製OEM・
産業用ピコ秒レーザ装置「LYNX」 (日本レーザー)
   
(左)高出力ファイバレーザ用コネクタ
(右)分岐DOE (住友電気工業)
   
開発した高出力
シングルモード
グリーンレーザ発振器
(片岡製作所)
 
顧客の要望により
レーザ用途向けに
ラインアップしている
製品のひとつ
「ビームホモジナイザー」
(大興製作所)
 
プレシテック・ジャパン(株)
レーザ機器部部長  中桐 光晴氏
 
▲ページトップへ