新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

レーザ新報

2012年6月4日号〔No.503〕

【ファイバーレーザ特集】
溶接・切断分野ともに
ファイバーレーザの適用増加へ
―参入企業も増え、競争激化も―

 通信用が主体のファイバーレーザは現在、溶接、切断等の加工用途光源としても着実に普及している。
 固体レーザの一種であるファイバーレーザは、CO2レーザや同じ固体レーザであるYAGレーザと比べ、◎高い光変換効率◎優れたメンテナンス性―等の特長を有しており、近年は発振器の信頼性向上や低価格化が進展、ファイバーレーザ応用製品の参入企業も増加していることから、CO2レーザやランプ励起YAGレーザ応用装置の代替としてのニーズも増えている。(本文より)


・ファイバーレーザ加工機「OPTOPLEX 3015 Fiber」
 順調に市場浸透図る!
 ヤマザキマザック

・ソリューションセンターで
 グローバルイベント実施中
 ファイバーレーザ切断/溶接等
 多様なレーザソリューションを提案
 アマダ

インタビュー
 IPG製品の採用メリットPRし
 板金切断用や微細溶接用への浸透図る
 ―IPGフォトニクスジャパン(株)
  代表取締役  辻 正和氏に聞く―

・SPIレーザ社製 高出力
 ファイバーレーザ発振器、発売!
 日本レーザー

・3次元ファイバーレーザ加工機が
 ハイテン/スーパーハイテン材の
 切断用で納入増
 コマツNTC

・溶接・切断に最適な高出力ファイバーレーザ発振器
 カンタムエレクトロニクス

・世界有数の納入実績有する
 ファイバーレーザ切断機
 ―日本市場でも注目度高まる―
 サルバニーニジャパン

6月13日(水)〜15日(金)、首都圏3会場で
 ファイバーレーザ中心としたセミナーを実施

 サルバニーニジャパン


バックナンバー購読を申し込む

 
今号のフォト・データ
ファイバーレーザ切断技術が向上
ファイバーレーザ切断機の
市場規模拡大も確実だ
 
ファイバーレーザ加工機
OPTIPLEX 3015 Fiber
(ヤマザキマザック)
ファイバーレーザ溶接機
「FLW―4000M3」による実演のもよう
(アマダ)
IPGフォトニクスジャパン(株)
代表取締役  辻 正和氏
高出力ファイバーレーザ
「redPOWER」シリーズ
(日本レーザー)
高速3次元レーザ加工機
「TLH―Nシリーズ」
(コマツNTC)
 
 
▲ページトップへ