新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

レーザ新報

2011年9月19日号〔No.487〕

【自動車特集】
レーザ加工技術が車体の軽量化や
電装品の信頼性向上に寄与
'10年は自動車関連向け
各種レーザ加工機の出荷台数が増加

 自動車業界では様々なレーザ加工技術が適用されている。自動車業界は裾野が広く、加工技術も多様かつ高度なものが要求されるので日本の製造業をリードしてきたと言えるが、レーザ加工技術の導入も自動車業界が牽引しており、現在では、クルマづくりの高度化やトータルコストダウンにレーザ加工技術が威力を発揮するに至っている。(本文より)

 ◎溶接
 ◎切断・穴あけ
 ◎その他


【自動車関連・最新情報】

・自動車試作品加工に最適な
 3次元COレーザ加工機
 ハイテン材の高速3次元切断可能な
 ファイバーレーザタイプもラインアップ
 コマツNTC

・“高出力COレーザ発振器”
 “レーザプロセッシングシステム”活躍!
 カンタムエレクトロニクス


【レーザ業界ニュース】

・9月30日(金)、パシフィコ横浜で
 「第35回 レーザ協会セミナー」開催
 レーザ協会

インタビュー
 レーザ切断用鋼板「SS400―LS」など
 オリジナル商品で付加価値を提供!
 地域毎の特約店体制を一層強化する
 ―中部鋼鈑(株)取締役営業部長 岡本 忠幸氏に聞く―

・高出力2次元レーザ加工機
 「SUPER TURBO―X 510MkIII」
 6kW仕様機 発売!
 ヤマザキマザック

・キャドマックと3D CAD
 システムの代理店契約を締結
 シーメンスPLMソフトウェア社


バックナンバー購読を申し込む

 
今号のフォト・データ
ハイテン材を高速3次元切断可能な
レーザ技術も注目されている
 
 
 
3次元COレーザ加工機
「TLMシリーズ」
(コマツNTC) 
Firestar―fシリーズ
(カンタムエレクトロニクス)
 
 
2次元レーザ加工機
「SUPER TURBO―X 510MkIII」
6kW仕様機
(ヤマザキマザック)

 
▲ページトップへ