v
   
新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

検査&計測新報

2018年10月15日号[No.465]

 

【検査施工会社特集―検査会社を
取り巻く状況と今後の展望―】
定修工事の集中による
検査員不足が大きな課題に!
AI・IoTの活用に注目集まる


  現在、全国の検査施工会社は約470社近くあり、(本紙2月12日号全国非破壊検査会社一覧参照)、その検査施工会社全体の昨年度の売上規模はおよそ2,000億円強に達すると見込まれる。検査施工市場はここ数年、原子力発電所の再稼動の遅れに伴う需要の低下、稼動から40年以上が経過し老朽化した石油化学プラントの停止等もあって低迷を余儀なくされてきた。
 しかし、昨年は自動車や鉄骨建築等の製造業が活発化し、リニア中央新幹線開通工事や東京オリンピック関連工事、首都高改修工事など社会インフラ整備事業が浮上した事から、検査需要に回復傾向が見られた。石油化学プラントも旺盛なアジア市場に支えられ、外需・内需ともに堅調に推移し、プラント検査や補修工事の案件が再燃した。検査施工会社の多くは業績を上げている。ただし、プラントの設備補修や更新工事の時期が集中する事で起こる定修問題も深刻化している。エチレンプラントの定修間隔は主に2年または4年で、高圧ガス保安法等の法律で定修が義務付けられている。

(本文より)

 

 

 


 


インタビュー
 次世代の人材の為に魅力ある
 非破壊検査業界≠フ確立を目指す!
 ―(一社)CIW検査業協会
  会長 逸見 俊一氏に聞く

 

 

 

インタビュー
 定修工事の繁忙期に「対応力」を発揮し
 利益重視の経営目指す!
 ―非破壊検査
  代表取締役社長 山口 多賀幸氏に聞く

 

 

インタビュー
 充実した教育体制により人材の育成を推進し
 航空機産業分野向けでの新市場拡大を目指す!
 ―鰍hHI検査計測
  代表取締役社長 柏崎 昭宏氏に聞く

 

 

・作業の効率化・省力化に貢献する
 イノベーション技術を
 開発し市場を拡大!
 ウィズソル

 

 

 


インタビュー
 「モノづくり」のノウハウを活かした
 提案型CTサービスを展開!
 ―鰍iMC
  専務取締役 鈴木 浩之氏に聞く

 

 

 

・高品質・高信頼の「KGK製」の
 継手用探触子が好評!
 検査技術研究所

 ◎11月13日(火)
  「第23回 秋の技術発表会」を横浜で開催!

 

 

【業界動向】

 

 

・大阪で「第2回関西火力発電EXPO」開催!
 検査の効率化に貢献する技術を出展

 

 

 

 

・平成30年度
 「9月例会兼経営交流会」開催!
 「非破壊検査業者専用賠償責任保険」に注目集まる!
 日本非破壊検査工業会 関西支部

 

 

 

・超高精細な検査画像を検出
 ワイヤレス・ポータブルX線
 デジタルディテクター発売!
 ダイヤ電子応用

 

 

 

 

・「UT2(新規、学科)
 試験対策講習会」開催!
 ソナエンジニア

 

 

 

 


 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(一社)CIW検査業協会
会長 逸見 俊一氏
 
 
 
非破壊検査
代表取締役社長 山口 多賀幸氏
 
鰍hHI検査計測
代表取締役社長 柏崎 昭宏氏
 
配管連続板厚測定装置「UDP―24」の
小径配管への適用、ケーブルレス化で
今後高所作業への適用も期待される
(ウィズソル)
 
 
鰍iMC
専務取締役 鈴木 浩之氏に聞く
 
 
二面振動子斜角探触子
(検査技術研究所)
 
 
 
 
非破壊検査ブースでは「NDIC CLIMBER」を展示
(第2回関西火力発電EXPO)
 
挨拶する(一社)日本
非破壊検査工業会関西支部
富田裕樹支部長
 
 
ポータブルX線デジタルディテクター
「Image Dr.K2923」
(ダイヤ電子応用)
 
 
「UT2学科試験対策講習会」のもよう
(ソナエンジニア)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ