新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

検査&計測新報

2017年5月15日号[No.448]

 

【渦流探傷試験(ET)特集】
ETならではの特長を活かし
自動車並びに航空機関連での
さらなる需要拡大に期待!


 電磁誘導現象により試験体に発生した過電流の変化を検出することで、導電性材料の表面きずを検出する検査方法。
 他の非破壊検査と比べて高速化・自動化しやすい点が大きな特長であり、鉄鋼、自動車分野等における金属製品の表面きずの検出に適用されている。
 近年では、焼結金属のバルブガイドやギヤ・ハブの溶接部、自動車部品、鍛造部品の巣の検出など、自動車、航空機部品だけでなく、あらゆる分野向けのロボット及び自動装置と組み合わたET装置の適用が広がっている。
 (一社)日本非破壊検査工業会が発表した資料によると、『検査施工会社における検査種目別の売上比率』では、会員企業の総売上高に占めるETの割合は2%で、超音波探傷試験(27.1%)、放射線透過試験(17.8%)、浸透探傷検査(13.7%)、磁粉探傷試験(10.8%)などと比べると売上比率は極めて少ない(2015年度)。


 


 

【渦流探傷機器・最新情報】
・測定精度・安定性・再現性を向上させた
 「マグネットスコープ1.070」が好評!
 日本フェルスター

 

 

 

 


・試験周波数を幅広く設定可能!
 渦電流探傷器「ET―5002」が好評
 電子磁気工業

 

 

 

 

・溶接部探傷に最適な
 ポータブル渦流探傷器
 「Weld Check」が好評!
 日本マテック

 

 

 

 

・ライン用渦電流探傷装置
 「Eddy Inspector LXU」発売!
 ACTUNI

 

 

 

 

【検査&計測業界動向】
・「建築物の工事における試験及び
 検査に関する東京都取扱要綱」
 に基づく説明会開催!
 CIW検査業協会

 

 

 

・107名が参加し
 「第6回インフラ調査士講習会」開催!
 日本非破壊検査工業会

 

 


・「新入社員のための
 非破壊検査基礎講習会」開催!
 日本非破壊検査工業会

 

 

 

・JIS改正スポット溶接部の
 検査方法・判定基準
 スポット溶接部検査の信頼性向上!

 

 

 

 

・蛍光X線分析装置向け
 微小部分析キット」発売!
 微小異物の分析に最適
 島津製作所

 

 

 

 

 

 


 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポータブル磁界強度・透磁率測定器
「マグネットスコープ1.070」
(日本フェルスター)
 
 
渦電流探傷器「ET―5002」
(電子磁気工業)
 
イーサーNDE社製の
ポータブル渦流探傷器「Weld Check」
(日本マテック)
 
ライン用渦電流探傷器「Eddy Inspector LXU」
(2ch同時波形表示可能)
(ACTUNI)
 
説明会のもよう
(CIW検査業協会)
 
「第6回インフラ調査士講習会」のもよう
(日本非破壊検査工業会)
 
電磁誘導試験・実技のもよう
(日本非破壊検査工業会)
 
十字引張試験片と試験方法のイメージ図
 
エネルギー分散型蛍光X線分析装置
「EDX―7000」
(島津製作所)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ