新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

検査&計測新報

2015年3月16日号[No.422]

【コンクリート探査特集】

コンクリート構造物の劣化損傷の診断に
非破壊検査技術の適用拡大!
「インフラ調査士」の試験実施始まる!

 

 国内の社会インフラは、1960年代以降の高度経済成長期に建設されたものが多く、完成から50年以上が経過した道路橋やトンネル等のコンクリート構造物が年々増えている。国内には全長15m以上の橋梁が約15万基あるとされ、20年後には約7割の橋梁が建設後50年を迎える。
 現在、国管理の道路橋は、目視による5年に1回の定期検査が行われているが、目視検査の場合、表面の劣化・損傷しか確認できず、構造物内部の劣化・損傷を調査・診断できないため、劣化予測の精度向上に向けた研究開発・実用化が急務とされている。そこで政府は、2013年11月に「インフラ長寿命化基本計画」を策定。安全・安心を確保するため、施設ごとの長寿命化計画を含むメンテナンスサイクルを構築し、計画的なインフラの老朽化対策を実施していく事が掲げられた。

(本文より)




[国土交通省関係予算]
 地方再生や災害復旧に向けた
 予算編成組まれる!

 

 

 

・穴あけ業者にも好評!
 現場の100V電源に対応した
 新ポータブルX線検査システム
 トーレック

 

 

 

 

・コンクリートの中性化を
 簡便に診断可能!
 「アルカテックAC―1」好評!
 タセト

 

 

 

 

・コンクリートの塩化物量分析に!
 蛍光X線分析装置
 「OURSTEX101FA」
 〜硫黄分析で硫酸劣化診断も可能!〜
 アワーズテック

 

 

 

 

 

 

【検査&計測 業界動向】

・高エネルギーX線CT装置
 エンジンなど大型鋳造部品の
 内部構造検査に最適!
 ポニー工業

 

・渦流探傷器「PECT―U」が
 NETISに登録!
 ―年度内に兵庫県内の
 鋼製橋梁への試験調査に活用―
 兵庫県非破壊検査連合会

 

 

・超音波ソフトプローブ
 「柔探(じゅうたん)」販売開始!
 ジャパンプローブ

 

 

 

 

 

 

・空中・水浸併用掉尾音波検査システム
 「NAUT21―I」
 (ノート21アイ)の販売開始!
 ジャパンプローブ

 

 

 

インタビュー
 
「現場主義」に徹し
 技術の研鑽・サービス向上に邁進!
 ―潟Rーケン
  代表取締役 中西 正氏に聞く

 



 


 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
CIW検査業協会が主幹窓口として開催している
「非破壊検査セミナー」でも
コンクリート構造物中の鉄筋探査試験の実演に
注目が集まった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「JIMA2014 第7回総合検査機器展」に出展された
新製品の「RIX―200MC―2シリーズ」
(トーレック)
 
コンクリート中性化診断液
「アルカテック AC―1」
(タセト)
 
「OURSTEX101FA」によるコンクリートの
塩化物量分析のもよう
(アワーズテック)
 
 
 
 
 
 
高エネルギーX線CT装置構成図
(ポニー工業)
 
携帯式渦流探傷器「PECT―U」
(兵庫県非破壊検査連合会)
 
カートリッジ式ペンシルタイプなど
全4タイプを揃える
(ジャパンプローブ)
 
空中・水浸併用超音波検査システム「NAUT21-I」
(ジャパンプローブ)
 
潟Rーケン
中西 正氏代表取締役
 
 
 
 
 
▲ページトップへ