新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

検査&計測新報

2014年3月17日号[No.410]

【コンクリート探査特集】
国土強靱化法施行で
コンクリート構造物の
保守検査の需要高まる!

 

 昨年末に成立した「防災・減災等に資する国土強靱化基本法案」では、橋梁やトンネル等の公共施設の老朽化への対応、学校施設など、建物の耐震化推進、大規模災害の防災・減災を図る安全な地域作りの推進が法案に盛り込まれた。
 高度経済成長期に建設された橋梁やトンネルでは半世紀が経過した現在、コンクリートのひび割れによる崩落事故が相次ぐなど、老朽化対策が喫緊の課題となりつつある。一昨年12月に発生した笹子トンネル天井板崩落事故では、トンネル最上部のコンクリート壁に固定されたアンカーボルトが抜け落ち、保守検査体制の不備が取り沙汰された。
 国内には全長15m以上の橋梁が約15万基あるとされ、そのうち通行止めや通行規制がかけられている橋梁は全国で約1400橋にも上るとされる。その9割は市区町村など地方自治体が管轄する橋で起こっており、財政不足を理由に補修計画が進んでいない現状が見て取れる。

(本文より)


国土交通省関係予算
 社会インフラの老朽化
 事前防災・減災対策に
 重点置く内容に!

 

・普及進む!
 小型・軽量かつデジタル対応の
 コンクリート検査用
 X線検査システム
  トーレック

 

・適用拡大 !
 コンクリートの塩化物量調査に!
 蛍光X線分析装置
 「OURSTEX101FA」
  アワーズテック

 

・引張試験器・埋設物探査システムなど
 豊富に品揃え!
  レックス

 


【検査&計測 業界動向】

 

・第9回フェイズドアレイ
 超音波探傷器講習会が開催
  日本非破壊検査工業会

 

・第3期(平成26・27年度)
 役員選挙の開票結果/
 「第4回 明日を担う
 非破壊検査セミナー」事業報告
  CIW検査業協会

 

・4月の国際ウエルディングショーで
 新製品の高品質
 レーザクリーニング装置を発表!
  IHI検査計測

 


  【検査会社の経営状況一覧】

 /全5ページ

◎東日本編
◎西日本編

 


 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
非破壊評価総合展2013に出品された
「RIX―Ceramicシリーズ」
(トーレック)

コンクリート表面にX線を照射し
高精度に塩化物量を分析
(アワーズテック)
 
 
 
 
 
 
受講者は、機器の説明を受けながら
実機を用いた実習を行った
(日本非破壊検査工業会)

溶剤除去染色浸透探傷試験の実技のもよう
(CIW検査業協会)
 
 
 
検査会社の経営状況一覧
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ