新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

検査&計測新報

2013年8月12日号[No.403]

【PT・MT特集】
PT市場 EV・HEV向け需要に期待!
MT市場 LEDブラックライトの採用で
環境改善に貢献!

 浸透探傷試験(PT)は、検査対象部にPT剤を塗布し、肉眼では検出しにくい表面キズやピンホールを鮮明に浮かび上がらせる検査方法。電力プラントや化学プラントの保守点検、自動車の各種部品の検査、鉄鋼検査、航空機部品検査等、様々な分野で適用されている。
 本紙調査による'12年(暦年、以下同じ)の国内におけるPT剤の総需要金額は約25億円(前年比3・9%減)で、需要業種別の構成比率は、電力プラントの保守検査が約41%、化学プラントの保守検査が18%、自動車部品検査が約18%、鉄鋼検査が約7%、残りが航空機部品検査を含む「その他」であったと見られる。
 前年と比較すると、電力プラント、化学プラントの保守点検での需要は横ばいで、自動車関係は微増、鉄鋼関係での需要は微減となった。国内のPT剤メーカーとしては、マークテック、タセト、栄進化学の3社で総需要金額の8割を占め、それに続くのがタイホーコーザイ、IHI検査計測、日本ウエルディング・ロッドとなっている。(本文より)

 ◎浸透探傷試験
 ◎磁粉探傷試験


【PT・MT関連最新情報】

 

・環境に配慮!濃縮タイプの磁粉探傷
 試験用分散剤も好評!
 タセト

・複雑形状な部品の探傷に最適!
 周波数変調型MT装置「HF―2003」
 日本電磁測器

・赤外線サーモグラフィカメラで
 耐圧防爆構造の最新検定規格に適合
 日本アビオニクス

検査会社ルポシリーズ
 「今、検査会社は!」 No.18

 安全と品質の両面でユーザーニーズを満たし
 社会的責任を果たす!
 綜合非破壊検査

 


【検査&計測 業界動向】

・講演会を開催
 「大型構造物の経年劣化検査と改修工事」
 大阪府立大学

・9月2日(月)・3日(火) 、川崎市で
 「NDI資格取得のための教育訓練講座」を実施
 日本非破壊検査工業会

・大好評!
 MDKシステムがタイ・ベトナム・中国でも採用!
 今秋にコンクリート探査の新製品も!
 偕成エンジニア

・本社移転と関東営業所開設
 日本エックス線検査

・人事異動
 シーエックスアール

・新社長に中島洋三氏が就任
 エース・エンジニヤリング

 

 

 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
染色浸透探傷剤カラーチェック」
(タセト)
 
 
複雑形状に最適な周波数変調型MT装置
「HF―2003」
(日本電磁測器)
 
 
綜合非破壊検査
熊谷昌之取締役業務部長
 
 
講演会のもよう
(大阪府立大学)
 
 
プラント配管中の0・3mmのピンホールを
鉄板の上から発見可能
(偕成エンジニア)
 
 
▲ページトップへ