新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

検査&計測新報

2012年5月14日号[No.388]

【資格・認定特集】
赤外線サーモグラフィ試験がスタート
―漏れ試験の資格認証への取組み進む―

 昨年3月に発生した東日本大震災は(社)日本非破壊検査協会(JSNDI)による資格認証試験にも大きな影響を及ぼした。
 特に、昨年秋にレベル1の試験を行う予定だった赤外線サーモグラフィ試験(略称=TT)が今春に延期された。赤外線サーモグラフィによる非破壊検査は主に建築物の外壁検査で用いられる。2003年から実施されている「非破壊試験―技術者の資格及び認証」に基づく非破壊試験(NDT)技術者の認定には、TT技術者は当初含まれていなかった。しかし、建築・土木構造物、電力設備、化学プラントなど幅広い分野で赤外線サーモグラフィによる検査が実施されていたこと、さらに'08年に(財)日本建築防災協会の「特殊建築物等定期調査業務基準」において赤外線検査も可能となる内容に改定されるなど、近年は飛躍的にニーズが高まっていた。そのため、昨年から正式にNDT技術者認証に加わることとなった。(本文より)


・非破壊試験技術者資格登録件数は
 前年同期比4.9%増の
 8万2365件に
 日本非破壊検査協会

・CIW認定授与式を挙行!
 ―認定事業者は126社に―
 日本溶接協会

(社)日本溶接協会 CIW認定事業者一覧(126社)

・高所配管腐食減肉検査の
 効率化に貢献!
 ―「ファルコン・LineCat」―
 テステックス・ジャパン

・第190回 定例会開催!
 フェイズドアレイUTなど勉強!
 金曜会

 

 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
今号のフォト・データ
赤外線サーモグラフィ試験のもよう
非破壊試験技術者の有資格件数は
着実に増加している
CIW認定授与式のもよう
「ファルコン・Line Cat」による
高所配管の探傷のもよう
(テステックス・ジャパン)
第190回 金曜会定例会
製品勉強会のもよう
 
 
▲ページトップへ