新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

産業ガス新報

2016年11月28日号[No.337]

 

【炭酸ガス特集】
安定供給コストの増額により
メーカー各社の利益が過去最低水準に!
ガス価格の断続的な改定が予想される

 

 (一社)日本産業・医療ガス協会によると、'16年1〜9月の国内における液化炭酸ガスの出荷実績は前年同期比3・1%増の54万8214万d(※'15年分から統計方法を厳密化。見かけ上の数字が大幅増となるため、'14年以前の数値との単純比較は不可)となっている。
 このように、工場出荷量は前年水準を上回っているものの、「安定供給」を実現するためにメーカー各社が負担するコストは、ここ数年、過去最大規模で推移し、各社とも'15年度の利益は過去最低水準を記録している。
 背景には、「エネルギー供給構造高度化法」に基づき、原料ガスの供給元である全国各地の石油精製プラントで粗ガスの減産及びプラントの閉鎖、アンモニアプラントの停止が予想される中、各炭酸ガスメーカー各社が低濃度ガスから高純度ガスを精製する数十億円単位(※最大50億円)の新工場の建設を進めていることをはじめ、原料ガス供給元プラントがない中四国や日本海側エリアなどへの定期的な輸送コストが発生していることなどが挙げられる。


(本文より)

 

 



インタビュー
 '17年10月の水島新工場の完成に向けて
 安定供給体制を一層強化する!
 ―日本液炭
  炭酸事業本部炭酸営業統括部
  炭酸ガス営業部長 佐藤 清氏
  炭酸事業本部炭酸営業統括部
  ドライアイス営業部長 園田 眞也氏に聞く

 

インタビュー
 原料から炭酸ガスの製造まで
 一貫生産の可能な川崎工場を軸に
  安定供給体制を強化する!
 ―昭和電工ガスプロダクツ
  炭酸事業部 炭酸ガス部長 真弓 康美氏に聞く

 

インタビュー
 '16年10月竣工の川崎新工場を最大限に活用し
 安定供給体制の構築に尽力する!
 ―エア・ウォーター炭酸
  取締役営業部長 武佐 正毅氏に聞く


 

【産業ガス関連・業界動向】
・平成29年3月期第2四半期連結決算
 売上高 3139億26百万円
 (前年同期比2.8%減 )
 経常利益 171億74百万円(同0.7%増)
 エア・ウォーター

 ◎川本産業にTOBを開始

 

 

 

・愛知県・豊田事業所に
 「燃料電池フォークリフト用
 水素ステーション」
 鈴木商館

 

 

・所有者不明容器の公表
 高圧ガス保安協会
 中央容器管理委員会


 

 

 

 

 


 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本液炭
炭酸事業本部炭酸営業統括部
炭酸ガス営業部長 佐藤 清氏
 
 
 
昭和電工ガスプロダクツ
炭酸事業部 炭酸ガス部長 真弓 康美氏
 
 

エア・ウォーター炭酸
取締役営業部長 武佐 正毅氏

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ