新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

産業ガス新報

2015年7月27日号[No.321]

【ヘリウム特集】
玉不足や為替の影響が深刻化する中
ガスメーカー各社では安定供給体制の
更なる拡充を

 

  ヘリウムは、沸点がおよそ摂氏マイナス269℃と元素の中で最も低く、液体ヘリウムは絶対零度に近い温度まで冷却しても固体にならないため、医療用のMRI(核磁気共鳴画像法)装置や低温超伝導の冷却用などに多く使用されてきた。   
 一方、ヘリウムガスは不活性ガスとして熱伝導率も高いなどの特長から、光ファイバーケーブルの生産過程における雰囲気ガスや、プリント基板の冷却用など半導体関連現場等で多く使われている他、プラント配管や自動車部品のリークテスト用、さらには風船や変声ガスなどにも使われてきた。
 そのへリウムも大気中に0.0005%しか含まれておらず、空気分離によって生産するには非常に効率が悪いため、限られた国の天然ガス田からしか産出されない希少資源とされている。それが、近年、世界的な需給構造のタイト化に伴って、国内はもとより海外市場において、ヘリウムについては玉不足や価格の高騰といった問題が中長期的な規模で危惧されている。

(本文より)

 


 

 

 

インタビュー
 ヘリウムのトップサプライヤーとして
 常に安定供給できる仕組み作りを構築
 ― 岩谷産業梶@産業ガス・機械事業本部
   ヘリウムガス部長 橋本 信一氏に聞く

 

 

 

・米国・ワイオミング州の合弁事業で
 ヘリウムの生産を開始!
 大陽日酸

 

 

 

【産業ガス関連・業界動向】

<2014年度主要産業ガス国内出荷実績>
・アルゴン・液化炭酸が前年度実績を上回る!
 ― '15年度はアセチレン以外微増と予想 ―

 

 

 

 

 

・九州春夏冬会の平成27年度総会を開催!
 大陽日酸ガス&ウェルディング

 

 

 

 

 

・所有者不明容器の公表
 高圧ガス保安協会
 中央容器管理委員会


 

 

 


 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
図.ヘリウム輸入実績推移表
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岩谷産業梶@産業ガス・機械事業本部
橋本 信一 ヘリウムガス部長
 
PT. Samator Taiyo Nippon Sanso Indonesiaの
ヘリウム充填工場
 (大陽日酸)
 
表.主要ガス2014年通期出荷実績量・
2015年度通期出荷量予測
 
定時総会のもよう
 (大陽日酸ガス&ウェルディング)
 
表.所有者不明容器 平成27年6月末日現在保管分
 (高圧ガス保安協会中央容器管理委員会)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ