新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

産業ガス新報

2014年7月28日号[No.309]

【ヘリウム特集】
国内のヘリウム需要は依然堅調に推移
ガスメーカーが安定供給体制を更に充実!

 不燃性の希ガスであるヘリウムは、沸点が摂氏マイナス269℃と元素の中で最も低く、液体ヘリウムは絶対零度に近い温度まで冷却しても固体にならないため、医療用のMRI(核磁気共鳴画像法)装置や低温超伝導の冷却用として使用されている。一方、ヘリウムガスは不活性であることや熱伝導率が高いなどの特長を活かし、光ファイバーケーブルの生産過程における雰囲気ガスや、基板の冷却用など半導体関連で多く使われる他、プラント配管や自動車部品のリークテスト用、風船や変声ガスなどに使われている。
 そもそもヘリウムは、大気中に0.0005%しか含まれておらず、空気分離で生産するには非常に効率が悪い。それゆえに限られた国の天然ガス田からしか産出されない希少資源となっている。

(本文より)

 


インタビュー
 国内で50%のシェア確保を目指しつつ
 海外市場での事業活動にも一層注力!
  ―岩谷産業(株)産業ガス・機械事業本部
   ヘリウムガス部長 岡本 峰春氏に聞く―

 

 

・米国・ワイオミング州の合弁事業で
 ヘリウムの生産を開始!
  大陽日酸

 

 


【産業ガス関連・業界動向】

<2013年度主要産業ガス国内出荷実績

下期の需要回復でほぼ前年並みの出荷量を確保!
―'14年度はアセチレン以外回復の見通し―

・「南北合同支部会」開催!
 水素エネルギー事業の現況等講習
  京都府高圧ガス溶材組合

 

・液化炭酸ガス/ドライアイス納入価格を
 8月出荷分から10%値上げ!
  日本液炭

 

・所有者不明容器の公表
  高圧ガス保安協会
  中央容器管理委員会

 


 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
図.ヘリウム輸入実績推移表
 
 
 
 
 
 

岩谷産業(株)産業ガス・機械事業本部
岡本 峰春 ヘリウムガス部長

カタールヘリウム2プロジェクトの落成式のもよう
(カタールのアルサダ・エネルギー工業大臣、
ラスガス社のモハンナディ社長らと
岩谷産業の牧野会長<写真左から2番目>)
(岩谷産業)
 

6月23日、大井港に到着したヘリウムコンテナ
(大陽日酸)

南北合同支部会のもよう
(京都府高圧ガス溶材組合)
▲ページトップへ