新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

産業ガス新報

2014年2月24日号[No.304]

【シリンダーガスビジネス特集】
ガス販売量の低下続くも
容器賃貸借契約の動きが前進!

 

 高圧ガスの供給形態は、パイピング・オンサイト、ローリー、LGC、シリンダー(バラ瓶)などに大別される。リーマンショック以降、液化酸素ガス、液化窒素ガス、液化アルゴンガス、液化炭酸ガス等のバルクガス供給の出荷量は下落傾向に歯止めがかかっておらず、厳しい状況が続いている。東日本大震災の影響で製造業において操業率が落ち込み、それに伴って産業ガス需要も低迷した。
 特に弱電、半導体産業などは新興国とのグローバル競争により、国内生産では収益が確保できないため、生産拠点を海外に移転するケースが続出した。昨年からの円高是正によって一部業種で生産の国内回帰現象が起こっているものの、内需は縮小傾向を辿っている。
 日本産業・医療ガス協会(JIMGA)の統計を見ながら、2013年の販売量の見込みを予想すると、酸素が前年同期比4・1%減の17億3900万3m3、窒素が同4・5%減の44億4200万3m3、アルゴンが同5・3%減の1億8800万3m3と、前年比較で数量が更に低下しており、特に前半の落込みが響く形となった。
 当然、その影響は中小の製造業者の経営にも深刻なダメージを与えており、事業から廃業・撤退する企業が相次いでいる。

(本文より)

 


・RFタグの本格活用と販売店らへの普及促進!
 高圧ガス容器管理システム
 「瓶豪」シリーズの販売好調
  岩谷産業

 

・RFタグ化への取組みも進展!
 グループ企業並びにガス溶材商を中心に
 容器・販売管理システム「溶助くん」好評
  大陽日酸ガス&ウェルディング

 

・プラットフォームの緩衝材に!
 「リプラギプロテクターシリーズ」
  川瀬産業

 

・新機能搭載のRFタグ対応ハンディ好評発売中!
 タブレットPCなど情報端末にも対応!
  アシスト・ワン

 

充填所現場ルポシリーズ
 『今、現場で何が起こっているか!』
 VOL.14 No.65

 老舗充填所として
 容器管理の徹底を期す体制に!
  協和ガス(株)

 


【産業ガス関連・業界動向】

 

・酸素燃焼による
 金属ナノ粒子合成技術を開発!
  大陽日酸

 

・組織改編・人事異動
  日本液炭

 

 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

利用日数表示。販売店の担当者が容器置き場で
納入、回収時に使用中の容器も
ハンディターミナルで連続読み取りを行う
(岩谷産業)

ハンディターミナル「BHT―605QUMWB」と
同社使用のRFタグの同タイプ
(大陽日酸ガス&ウェルディング)

協和ガス(株)・
田中政弥 取締役第一事業部長

大阪工場外観
(協和ガス(株))
▲ページトップへ