新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

産業ガス新報

2013年12月23日号[No.302]

【医療ガス特集】
病院向け医療用ガスは漸減傾向続くも
在宅向け医療ガス・機器の
需要は増加の見通し!

 

医療現場で使われている主なガスは、酸素、窒素、二酸化炭素、亜酸化窒素(笑気ガス)、酸化エチレン、合成空気―等があり、医療ガスではないがMRIに使われるヘリウムも医療現場に欠かせないガスの一つとなっている。
 医療ガスの中で最も需要が大きいのは酸素。酸素は、主に呼吸系疾患に対する吸入、組成、吸入療法、高圧酸素療法などに使われる。
 医療用酸素の需要は、病院向けについては、近年は病院の統廃合やベッド数の減少、それに伴う在宅療法患者の増加などにより、漸減傾向にある。また、薬事法の改正により、医療ガス価格の上限が年々下がってきており、収益面で厳しくなっている。また、公立病院への医療ガス納入については、複数病院による一括競争入札方式の導入により価格競争が激化しており、収益性低下の一因となっている。
 その他の窒素、二酸化炭素、酸化エチレン、合成空気等についてはやはり横ばいから微減となっているが、亜酸化窒素(笑気ガス)については静脈麻酔への移行が進展し、減少傾向に歯止めが掛かっていない状況だ。

(本文より)

 


 

・インタビュー
 ホームケア製品をはじめとした
 機器の拡販と、医療ガスの
 販売量維持拡大に注力!
 −大陽日酸(株)
  メディカル事業本部
  バイオ・メディカル事業部長
  江頭 淳一氏に聞く―

 

インタビュー
 「医療はサービス」という認識のもと
  医療サービスの質と量の強化に努力!
 −エア・ウォ−ター(株)
  医療カンパニー
  医療ガス事業部長
  小林 靖司氏に聞く―

 


【産業ガス関連・業界動向】

 

・東マレーシアの
 産業ガスメーカーを買収
  大陽日酸

 

・印・産業ガスメーカー
 エレンバリー社に資本参加
 インド市場進出の布石に!
  エア・ウォーター

 

・マレーシアに
 現地法人を設立
  鈴木商館


 


【最新溶接関連データ一覧表】

・過去10年間・年度上半期別[4月〜9月]
・過去1年間 月別['12年10月〜'13年9月]
 ◎高圧ガス編

 

 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大陽日酸(株)
江頭 淳一 メディカル事業本部
バイオ・メディカル事業部長

エア・ウォ−ター(株)
小林 靖司 医療カンパニー
医療ガス事業部長

▲ページトップへ