新報株式会社 最新溶接関連データ集 溶接現場ルポ レーザー現場ルポ 英語サイト
ホーム 会社概要 媒体案内 書籍案内 購読申込 リンク集 お問い合わせ
溶接新報 レーザ新報 産業ガス新報 検査&計測新報 溶射特集 ハンダ付ろう付特集 The Japan Welding News for the World
 

産業ガス新報

2013年8月26日号[No.298]

【高圧ガス充填所特集】

 現在、国内で稼動中の高圧ガス充填所は、420カ所程度と推定される。このうち、多くの充填所では複数種の高圧ガスを充填しており、ガス種別に見ると、酸素が約400カ所、窒素が約320カ所、アルゴンが約260カ所、炭酸が約350カ所、アセチレンが約40カ所となっている。
 一昨年の東日本大震災以降、国内では関西・大飯発電所を除く他の全ての原発が再稼動の目処が立たないまま停止しており、夏場や冬場に電力供給の逼迫が懸念される一部地域では、行政指導の下、産業界や民間の節電対策が叫ばれている。これに伴い、全国の多くの高圧ガス充填所も、ガス製造時の消費電力の低減等がこれまで以上の厳しい基準で求められている。
 北海道の日北酸素鰍ヘ、北海道電力鰍フ要請を受け、節電のみならず昨冬は自家発電設備による電力の自給も実施している。
 全国の高圧ガス充填所が、直面する様々な課題にどのような対応を行っているのか。本特集ではルポ取材を行い、現場の声を探った。
(本文より)


充填所現場ルポシリーズ
 『今、現場で何が起こっているか!』
 VOL.13 No.61

・工場の同一敷地に液化プラント・
 充填設備・アセチレン設備を所有
 4工場と6事業所で北海道の製造業発展に貢献!
 日北酸素


充填所現場ルポシリーズ
 『今、現場で何が起こっているか!』
 VOL.13 No.62

・生産性の向上と保安管理の徹底に注力!
 4715本のシリンダーにタグを装着し運用
 中部エア・ウォーター


充填所現場ルポシリーズ
 『今、現場で何が起こっているか!』
 VOL.13 No.63

・品質と保安を最優先に
 安定した供給を目指す
 東日本メディカルガス


・2020年の1兆円企業を目指し
 生活系事業と産業系事業に注力!
 エア・ウォーター
 生活・エネルギーカンパニー

 

・所有者不明容器の公表
 高圧ガス保安協会
 中央容器管理委員会


 

バックナンバー購読を申し込む

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CEタンク(左が酸素、右が窒素)
(日北酸素)

 
名古屋充填工場には5基のタンクが設置されている
(中部エア・ウォーター)
 
酸素の充填ライン
(東日本メディカルガス)
 
エア・ウォーター梶E赤津敏彦専務取締役
生活・エネルギーカンパニー長
▲ページトップへ